ブログ

デスクトップ仮想化・VDI

安全と便利さを両立しながら、
クラウドから端末までをつなぐ仕組みをつくります。

デスクトップ仮想化/VDI

VDIとは、データの処理や記憶など、コンピューターとしての動作の主要な部分をすべてサーバー側で動作させる仕組みです。VDI技術を用いると、サーバーから送られてくるアプリの実行画面だけを端末で受け取って操作する方式となるため、さまざまなメリットを手に入れることができます。

POINT

  • 本体のデスクトップはVDIサーバ内に設置することで、場所・端末に縛られないPC利用が可能です。
  • 使用する端末にはデータが入っていないので、セキュリティも安心。
  • 端末をサーバにて一元管理できるので、統制のとれたPC管理が可能です。個別の配布・設定変更が不要になり、運用管理の負荷が軽減します。

採用テクノロジー

VDIシステムを作り上げるにあたり、これらの技術を活用してお客様向けのシステムをデザインしています。若干の割り切りはお願いしつつも、多くの場合Microsoft RDSやMicrosoft VDIで効果のある仕組みを比較的安価に構築することができます。
RDSよりもコストは増大してしまいますが、より小回りの利く、高度な制御機能を搭載するCitrixやVMware製品も、設計に取り入れてご提供しています。

・Microsoft Windows Server, Remote Desktop Service (RDS)
・Microsoft VDI
・Citrix XenDesktop, XenAppシリーズ
・VMware Horizonシリーズ

ご検討の際にお役立ていただけるよう、評価機をご用意していますので、お気軽にご相談ください。

ご採用事例・ご利用シーン

このシステムは、端末上で取り扱う情報を漏洩させないための十分な対策が必要なお客様に向いています。
端末を変えても、開く画面はいつも同じで、いつも同じアプリとデータが使える性質を持つことから、外出が多い方や、さまざまな場所で業務ができる方が都合がいい方にも向いています。

POINT

  • 数十台以上など、多くのWindows PCをお抱えの方。
  • インターネット分離環境が必要なお客様、自治体様。
  • 取り扱う事務の性格として、漏洩が許されない種類の情報を含むお客様。
  • パソコンにウィルス対策ソフトを入れておく程度では済まされないレベルでの漏洩対策が必要なお客様。

役場や学校など、公共性の高い様々な人が使うシステムから、内部的な取り決めの多い管理システムまで、ご要望や環境、納期などをしっかりお伺いし、細やかな仕様をご提案し実現をいたします。

ページ上部へ戻る